U-NEXTはどうやって月々の費用を払えばいい?

U-NEXTの無料のお試し期間が終了すると、有料会員となり一定の費用を支払いが発生します。

 

支払い方法については「クレジットカード」「決済」「アマゾン」「U-NEXTカード」の4種類から選べます。今回はそれぞれがどのような手段を用いるのかについて、詳しく見ていきたいと思います。

 

U-NEXTで見れる番組一覧はこちら

 

クレジットカードでの支払い

 

一口にクレジットカードと言っても様々な種類がありますが、適用されるのは「ビザ」「マスター」「JCB」「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブ」の5つです。恐らくほとんどのカードは使えるはずなので、そんなに心配する必要はありません。

 

登録時にはカードに記載されている個人情報を打ち込まなければならないのですが、初心者なら最初の1ヶ月は一切の支払いが不要となっている上に、この間に契約を破棄してしまえばキャンセル料も掛からないため、タイミングを見極めれば無駄な出費が抑えられます。

 

なおデビットカードも使えるという話もありますが、公式サイトから告げられたものではないので、真偽のほどは分かりません。事前に使用出来るかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

 

決済での支払い

 

決済の方法は4パターンほどが存在するので、各人のキャリアに合わせたものを行って下さい。登録は携帯電話やスマートフォン、パソコンなどがあれば手続きを受け付けてくれます。ドコモやソフトバンク、au、楽天などが有名でしょう。

 

アマゾンでの支払い

 

大手の通販サイトとして知られているアマゾンは、「Amazon Fire TV」か「Fire TV Stick」のどちらかを利用した場合に限定されます。

 

U-NEXTカードでの支払い

 

これはその名の通り、専用のプリペイド式のカードです。ローソンなどのコンビニを始め、一部のグループの傘下となっているドラッグストアやヤマダ電機などで手に入れられます。

 

全部で3つのタイプに分かれており、使える期間や料金も異なります。

 

「1週間タイプ」は期間こそ短く、扱っている店舗もローソンのみとなっていますが、簡単なお試し用としては十分事足りるのではないでしょうか。ポイントも540ポイントは付いてくるので、決して損はしません。

 

「1ヶ月タイプ」は期間も加算されるポイントもほぼ倍なので、長くじっくり見極めたい人に向いています。

 

「ポイントタイプ」は3,000ポイント分、つまり3,000円相当のカードしかありません。本格的にU-NEXTを楽しみたい人は是非これに手を付けましょう。

 

U-NEXTカードでの支払いの注意点

 

ただし、気を付けなければならないことは、U-NEXTカードでのお支払いの場合には「無料期間が使えない」という点です。

 

その理由は、他は支払い方法の場合には登録の手続き時に支払い方法の選択を済ませればU-NEXTを使用可能となるのですが、支払い方法をU-NEXTカードとした場合にはカードを買うところから始めなければならないため、最低でもカードの購入費が掛かってしまうのです。

 

慣れないうちはなるべくお金を出したくないと考えているのなら、別の支払い方法を取った方が良いでしょう。

U-NEXTなら最初の30日間は無料です。無料期間だけでの解約もOK!まずは気軽にお試しください。
U-NEXT公式ページ